スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

森の写真展

12月最初の日曜、里山・南山で「森の写真展」が開かれました。

地元で南山の草刈や整備を行っている「南ちゃんの会」のイベントです。

すばらしく晴れ渡った青空の下、まだ紅葉の光景が広がっています。

DSCN1009_convert_20101226015715.jpg
DSCN1009.jpg posted by (C)FoE東京

「さくっ…さくっ・・・」と柔らかい落ち葉の上を歩くと、、、

あれ、ここに植物が。


DSCN1011_convert_20101226015907.jpg
DSCN1011.jpg posted by (C)FoE東京

あそこにも。

DSCN1012_convert_20101226020128.jpg
DSCN1012.jpg posted by (C)FoE東京

あんなところにも。


DSCN1013_convert_20101226021007.jpg
DSCN1013.jpg posted by (C)FoE東京

そして中央の桜の広場には、様々な植物の写真があって、
紅葉の広がる里山を彩っていました。


DSCN1014_convert_20101226021106.jpg

DSCN1015_convert_20101226021643.jpg

DSCN1019_convert_20101226022006.jpg

DSCN1020_convert_20101226022101.jpg

DSCN1014.jpg,DSCN1015.jpg,DSCN1019.jpg,DSCN1020.jpg
all posted by (C)FoE東京

午前の作業を終えた
「南ちゃんの会」のメンバーの皆さま、
お手伝いしたボーイスカウトの方がみんな集まって、
お昼ごはんを食べていました。
あたりは手作りの豚汁の香りでいっぱい。
私も頂きました。おいし~い♪

そして手品タイムでは、地元稲城の方が
「今日はあんた達(ボーイスカウト)はこの手品をやらないと、
帰れないからね」
と、中学生になる男の子達をあおる、あおる。
とってもおもしろい掛け合いに、ギャラリーは大喝采でした。

そのあと、南ちゃんのメンバーご一行と南山周辺を散策。
秋の里山を満喫しました。

DSCN1027_convert_20101226023118.jpg
DSCN1027.jpg posted by (C)FoE東京

DSCN1032_convert_20101226023447.jpg
DSCN1032.jpg posted by (C)FoE東京

オマケ。「鏡の中の私」、です。


DSCN1022_convert_20101226022612.jpg
DSCN1022.jpg posted by (C)FoE東京
スポンサーサイト

テーマ:環境 - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2010/12/26(日) 02:59:18|
  2. たぬきの古里南山
  3. | コメント:2

枝打ちが森に緑と水を甦らせた

行ってきました、FoE Japan主催「第二回 日帰り林業体験ツアー 
~枝打ちで日本の山に光を入れる~」。

http://www.foejapan.org/forest/doc/evt_101121.html

奥多摩で枝打ちを体験した人が、とってもスリリングな思いを
したようで、ちょっとドキドキだったのですが。

秋晴れの奥多摩。山は色とりどり。
紅葉狩りの登山客で超満員の電車を降りて、集合場所へ。

今日作業する方たちとご挨拶の後、準備を始める。
枝や木屑が上から落ちてくるので、ヘルメットとゴーグルは必須。
それと、腰に巻くコンパクトなのこぎり。

DSCN0936small_convert_20101127214558.jpg
DSCN0936 posted by (C)FoE東京

DSCN0939small_convert_20101127214826.jpg
DSCN0939 posted by (C)FoE東京

そして、はしごとあぶみ(?何だろう)を持って、山中へ。
密集した杉・檜で真っ暗いのを想像していたのですが。

山の中は太陽の光のシャワーが隙間からいっぱいに差し込み・・・、
今までの枝打ちや間伐の効果がすでに表れていました!


DSCN0941small_convert_20101127214723.jpg
DSCN0941 posted by (C)FoE東京

DSCN0942small2_convert_20101127214904.jpg
DSCN0942 posted by (C)FoE東京

あまりの美しさに、しばし呆然・・・。

でも、まだまだ作業は続けています。
え・・・?この切った枝だらけの斜面にはしごを立てるの・・・?

先のとがったはしごを、木に並行にざくっと差込み、紐と金具で固定して。
「木を抱えるようにして上ります」
命綱なんかなくて、ただ木の幹を抱え込むだけ。

・・・・下に落ちませんように!!

はしごを上るときは足が震えて、最初は一段上にのぼるのを躊躇しました。
でも、、、。いざごりごり枝打ちを始めると、「もっと!」と思い始めるから不思議。

DSCN0945small_convert_20101127215039.jpg
DSCN0945 posted by (C)FoE東京

手を怪我しないよう、細やかな指導を受けながら、しっかり固定したはしごを上ります。
上出来、上出来。と思ってのこぎりをしまおうとすると、位置が悪く、あー刺し傷(汗)。

でも大丈夫。ちょっと休んで他の人を見ていると、例のあぶみは補助足場のようで、
みんなかなり上まで行っちゃったよ~うわーすごい!

DSCN0951small_convert_20101127215457.jpg
DSCN0951 posted by (C)FoE東京

DSCN0952small_convert_20101127215546.jpg
DSCN0952 posted by (C)FoE東京

そして、何本か作業後、みんなでお昼。
「この中で、林業ご出身の方は~」・・・え?誰もいない?
それであんなに木登り上手で、あんなにたくさんの木の枝打ちをしたの?!

さらに驚いたのが、枝打ちや間伐のおかげで、土壌が生き返り、
水が湧き始めたというのです・・・・!

目の前の斜面には、光と緑が広がり、沢には水が流れています。

DSCN0960small_convert_20101127215913.jpg
DSCN0960 posted by (C)FoE東京

DSCN0958small_convert_20101127215753.jpg
DSCN0958 posted by (C)FoE東京

ボランティアさん達の10年かけた行動が、はっきりと形に表れた光景でした。

午後の作業も、ひたすら枝打ち。枝をうまく利用してかなり上にいく人も。
枝が折れそうで折れない、まさに匠の技です。

3時前に作業は終了。今日の枝打ちの成果は、まばゆいばかりの天上の光。

DSCN0948small_convert_20101127215413.jpg
DSCN0948 posted by (C)FoE東京

DSCN0959small_convert_20101127215835.jpg
DSCN0959 posted by (C)FoE東京

そして、みんなで記念撮影。紅一点のマドンナ指名で、真ん中でご満悦でした^^;

DSCN0961small_convert_20101127220020.jpg
DSCN0961 posted by (C)FoE東京

そのあと、柚子畑に行って、山ほどの柚子を収穫・・・今夜は柚子風呂♪
DSCN0988_convert_20101127222949.jpg
DSCN0988 posted by (C)FoE東京

指先を見ると、はっきりとのこぎりの痕が。
だけど、あの眩い太陽の光のシャワー、よみがえった緑と水を運ぶ沢・・・。
染みとおるように心に焼きつく光景。忘れられない体験となりました。

*****「たまたまの会」-こちらのボランティアさん達のグループ名です。
年々高齢化が進んでいるので、若い方の参加を募集とのこと。
ご興味ある方は、ぜひどうぞ!

西多摩On-Lineより
http://www21.atwiki.jp/nishitamaonline/pages/117.html

テーマ:環境 - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2010/11/27(土) 22:32:29|
  2. FoE Japanのイベント
  3. | コメント:0

秋空の里山冒険記-青い蟹見つけた!

今日は、さわやかな秋晴れでした。
トレッキングには、絶好の日和。

昨年は、NGOの主催でこの東京都稲城市の里山、南山でハイキングをやって、
50人近くの人が集まりました。

今回の主催グループの人たちは地元稲城市出身で、里山や自然が大好きで、
自然や法律の知識を明るく楽しく話してくれる、いつも元気なグループです。

今年は、温暖化の影響なのか、スズメバチがたくさんいたのですが、
11月に入ってやっと落ち着き、入山が可能に。

里山の山道
里山の山道 DSCN0916 posted by (C)FoE東京

え?入山?はい、奥深い里山で、アップダウンも激しく、
ルートによってはちょっとアドベンチャーです。

で、今日はアドベンチャーコースを通ることに。
紅葉はまだだったのですが、深い森、田園風景もあったりして、深呼吸~。

木々
木々 DSCN0917 posted by (C)FoE東京

田んぼ
田んぼ DSCN0918 posted by (C)FoE東京  

空気の澄み具合が違う。空が青い。

日々都会のコンクリートの上を歩くと、足音が冷たく響きますが、
里山の道は、落ち葉や草でふかふかしています。

滑りやすい急斜面はロープづたいで降ります。
そこでも、みんなで協力して、押したり引いたり。

「こっちの道の方が安全」というと、細く伸びた竹林をよけて踏み分けて・・・
普段は根深い雑草が、急斜面では威力を発揮します。

折れた大木
折れた大木 DSCN0919 posted by (C)FoE東京

枝は顔に当たるわ、足元は滑るわ・・・。

そして、思わずつる草に引っかかって転倒!したのですが、衝撃も少なく
初対面の人たちでもみんな優しくて、すぐに助けてくれます。

泥だらけになりましたが、「転倒は、山登りの勲章」とか言われたりして^^;

ところどころで、今回主催のグループの活動説明や、
赤字が予想される分譲住宅を計画している、南山の開発の話、
工事現場をちら見したり。

水辺2
水辺2 DSCN0921 posted by (C)FoE東京

水辺1
水辺1 DSCN0920 posted by (C)FoE東京

南山では、いろんなものを発見するのですが、今回は

「青いサワガニだ~!」

これが色が変わって、赤黒くなったりするんですね。

サワガニ2
サワガニ2 DSCN0932 posted by (C)FoE東京

他にも、伐採された木の変わりに植林する用の
ドングリをひろったりしました。猛暑の関係で、数は激減しています。

そして、「ウグイスの巣」を拾いました。
どうやって葉っぱをくっつけられたの??

ウグイスの巣
ウグイスの巣 DSCN0935 posted by (C)FoE東京

結局4時間近く歩いて、秋の里山を満喫しました。

テーマ:環境 - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2010/11/14(日) 22:05:41|
  2. たぬきの古里南山
  3. | コメント:1

第3回 雲取山清掃登山


【日程】 10月31日(土)~11月1日(日)1泊2日 はれ
【参加者】 12人(男性 6人、女性6人)

【一日目】
綺麗に晴れ上がった空。正に絶好のハイキング日和というコンディションの中、第3回雲取山清掃登山が行われました。
今回の参加者は12名。前回楽しかったから!というリピーターの方から、とにかく山大好き!という方、紅葉が見れて、なおかつ清掃も出来るなんて一石二鳥!という方などなど、元気で楽しいメンバーが集結しました。

私は今回初参加だったのですが、集合場所である奥多摩駅に着いて、まずビックリ。とにかく人、人、人。臨時バスも出る大盛況ぶりです。季節モノとはいえ、これだけの人気スポットで適正にゴミ収集運搬がされなければ、相当ゴミは蓄積されるだろうな、と感じました。

鴨沢口登山道から、登山をスタートしましたが、その先頭は元東京都のレンジャーさんであり、FoE東京の会員でもあるNさんです。2日間通して、傷がついている木、特色のある草花や動物の糞などの前で立ち止まり、その都度私たちに奥多摩の生態系についても含め、丁寧に解説をして下さいました。大変興味深く、勉強になることばかり。ありがとうございました!

DSC00486
DSC00486 posted by (C)FoE東京

さて最初は比較的緩やかな上りが続き、それに合わせて皆のんびり、和気藹々といった雰囲気で登っていきましたが、ある瞬間無言になったりして、、、それは斜面がキツクなったという印でもあります、笑。
ブナ坂を抜け、標高が高くなっていくと、紅葉が一段と深まっていきます。木々各々がそれぞれ色づいているわけですが、真っ赤に染まったカエデの葉が風に舞う姿など、あまりの美しさに立ち止まってしまうこともありました。

DSC00622
DSC00622 posted by (C)FoE東京

「綺麗だね…」
「本当綺麗だね」
「いや本当に」
月並みな表現ですけど、自然って本当にすごい。

そんなペースでゴミ拾いもしながら約7時間かけて、雲取山頂(2012m)に辿り着いたのですが、その空のまた美しいこと。偶然にも月と太陽を一緒に見ることができたのですが、それがまた何とも神秘的でした。富士山も絵に描いたようにバッチリ見えて、皆さんかなりテンションが上がった状態で記念撮影。

DSC00529
DSC00529 posted by (C)FoE東京

DSC00531
DSC00531 posted by (C)FoE東京
 
日の入りを見送り、宿泊先である雲取山荘へ。何はともあれ、ビールで乾杯!

その後は部屋に入り、おやつを持ち寄っての歓談タイムです。それぞれ簡単な自己紹介と、FoE東京の代表である、勝田さんより「プラス、今一番情熱を持っていることを言ってください!」とのことだったので、皆さん「え~っ!」と言いながらも、それぞれ情熱を持っていることを発表。面白かったり、考えさせられたり、感心させられたり。

話は飛んで、噂には聞いていたけど驚いたこと=食事です。山小屋の食事というとカレーが定番だと思うのですが、ご飯にお味噌汁、お魚、サラダに豆腐、小鉢まで。大満足でした。

【二日目】
DSC00552
DSC00552 posted by (C)FoE東京

朝5時起床。ただその随分前から周囲の部屋でがさごそ動き出す音がしていたので、私を含め、皆さんすでに半分起きていたような表情。

朝食をいただき、いざ清掃活動へ!前回までに引き続き、ゴミが沢山という、山荘裏にある廃墟となったヒュッテへ向かいました。ただその周辺はパッと見、「ゴミなくない??」という印象。そんな私たちの様子を見透かして、勝田さんが、「同化してるから、良く見てみて」確かに、よ~く見ると、地表に同化しつつある、ゴミたちが浮かび上がってきます。また埋まりつつあるゴミを1つ引き抜いてみると、芋づる方式で、年代モノのゴミたちがどんどん出てきます。

DSC00571DSC00583


主にはアルミ缶、瓶、雑プラスチック類ですが、中には、
「ズボンが出てきた、笑」
「靴下もあるし…」などなど。

前回までと違って、今回良かったことは、そこで拾ったゴミを私たちが山の麓まで運ぶのではなく、ざっと100mの距離の山荘まで持っていけば処分してくださるとなったことです。下山を考え、セーブしなければならなかったゴミの量が、無制限となったことで、1時間近くかけて、全部で47袋分のゴミを拾うことが出来ました!
皆さん楽しみながらも、黙々と手を動かし、協力しながらテキパキとゴミを運びと、やはり意識がある人たちの自発的な行動は違うなあとしみじみ感じさせられました。

山荘へ戻り、荷造りをしていると、なんと山荘の方のご好意でコーヒーのサーブが!ここでまたおやつを持ち寄り、歓談タイム、笑。とてもくつろげました。

帰路の途中、七ツ石山付近にもゴミの散乱地帯を見つけ、そこで再び30分ほど清掃活動を行い、各自ゴミ袋1~2つをいっぱいにし、下山となりました。図ったかのようにバスの時間にピッタリ下山し、また下山するとこれも図ったかのようにちょうど雨が落ちてきました。
「バスに間に合ったし、雨にも間に合った!」

集めたゴミは奥多摩駅近くの、奥多摩管理センターのご協力をいただき、分別し、処分しました。

恒例化しつつある、このFoE東京の雲取山清掃登山。自然が楽しめ、自然を学べ、自然を守れる。出来れば、次回も是非参加させていただきたいと思いました。
皆さん、2日間本当にお疲れさまでした&ありがとうございました!

  1. 2009/11/09(月) 12:28:39|
  2. 清掃登山
  3. | コメント:0

南山日曜ハイク

*-~*-~*-~*-~*-~*-~*-~*-~*-~*-~*-~*-~*-~*-~*-~*-~*-~*-~
日曜ハイク特別企画 8月16日(日)
稲城市 南山(タヌキの古里) 協力:FoE東京
*-~*-~*-~*-~*-~*-~*-~*-~*-~*-~*-~*-~*-~*-~*-~*-~*-~*-~

今回の南山ハイキングは、FoEJapanが毎週末行っている日曜ハイキングとコラボする形で行いました。参加者は、なんと40人。小学生からご年配の方までいて大盛況でした。

今回も南山問題に取り組んでいらっしゃる地元のMさんにガイドをお願いしました。
南山のことは知っていたが訪れるのは初めてという方や普段日曜ハイキングに参加されている方など様々でしたが、皆さん楽しまれていました。

お盆でうなるような暑さの中でしたが、南山の美しい自然の中での散策は木の葉が日差しを遮り、なかなか気持ちいいものです。



途中、畑のそばでクワガタ虫を発見!!
里山で昆虫採取をした子供の頃を思い出しながら、いつまでもこの環境を残して欲しいと改めて思いました。

新宿から30分で来れる自然豊かな南山を皆さんそれぞれに楽しまれたようでした。
南山は四季それぞれの魅力溢れる里山ですので、次回は秋に開催したいなぁと思います。

J.K.
  1. 2009/08/20(木) 20:50:34|
  2. たぬきの古里南山
  3. | コメント:0

南山 meets FoE Cafe!

南山トレッキング (2009.6.14 @稲城市南山 参加者 12人)

今回のFoE Cafeは都会を飛び出してハイキング!
といっても、新宿から30分、280円。
南山はとっても手軽に行ける里山です。


この日のメニューは午前にハイキング、午後からCafe。
案内してくださるのは南山保護の活動をしている地元の方です。

最初に向かったのは、稲城グランドキャニオン=高さ60m、幅600mの大きな崖。
東京オリンピックの時に建設用土砂を削ってできたというこの崖は、太古には海岸だったそう。こんな所まで海だったのかー、と改めて驚きます。
しかし、グラウンドになっていたという崖の前には今日はフェンスが立ち、ブルドーザーがズラリ。うおっ、こんなに来てるのか。。
001稲城グランドキャニオン(大)(リサイズ)


途中、開発のための建機が角を曲がりきれずにぶつかったという木(痛そう)を見てから、山の入り口へ。
いたそう いたたっ


山の入り口の近くには、南山保全に取り組んでいる地権者の方の菖蒲園がありました。
菖蒲園

昔はこの辺りでたくさんの人が田んぼをやっていたそうですが、山の向こう側によみうりのゴルフ場ができてから地下水が減り、今では川ニナが住むだけです。


その方の畑。
002内田さんちの畑(大)(リサイズ)

キノコ牧場。
きのこ牧場


奥へ進むと、鎌倉ではおなじみの切通しが。稲城にもあったんですねー。
関東武士が鎌倉へ向かったという道を通って、「いざ南山」。
切通し

鬱蒼とした山道が突然開けて、畑や梅林が出現。子供たちが梅もぎ中。
めぐみの里
梅



しばらく行くと、突然看板が!
立入禁止
正体はこれです。
008遺跡(大)(リサイズ)

南山には縄文遺跡がごろごろしています。海岸だったということは、人が住んでいたということ。住居跡はもちろん、狩りのための落とし穴が97基も…ここは縄文人の一大生活圏だったんですね。

さらに、鎌倉時代の古道も残っており、その周辺は車のわだちも電線もないので時代劇のロケに使われたりするそうです。

さらに歩くと、突然銃声が!なに、どうしたの!?
サバイバルゲーマー
と思ったらサバイバルゲームでした。南山にはこんな楽しみ方も。

マウンテンバイクにも出会いました。歩いている間だけで、4台も通り過ぎていきました。
マウンテンバイカー

しばらく行くと、今度は となりによみうりのゴルフ場が出現。山を切り開いてつくったんだなー、としみじみ。
よみうりゴルファー

さらに、道をはずれたところにオフロードのレーサーたちが。南山にはずっと前からサーキットがあり、大学の自動車部が360度回転(!)したりしていたそうです。これも現代の里山とのふれあい方・・・。
オフロードバイカー2
でもサーキットがあった場所は今は宅地開発で潰されてしまっています。ここは隣のミニミニサーキット、というか斜面。

本家本元は、こちらです↓
元サーキット場
つわものどもが夢の跡。

そして、本日のハイライト、ありがた山。
ムービーでどうぞ!

ありがた山の仏さま・序


なんでも、関東大震災でお寺などが燃えてしまった時に、無縁仏となった墓石や石仏を「日徳海」(にっとくかい)という宗教団体の方たちが大八車に積んで「ありがたやー、ありがたや」と言いながら運んできたそうです。その数、約四千体(!!)

しかし、あろうことかこの真ん中に道路が造られる予定になっていて、この墓石&石仏は消滅の危機に瀕しています。下にお骨がないからお墓の扱いをうけないのだそう。しかし、どうみてもこれは・・・・・・バチがあたりそう。


これでトレッキングは終了!

とてももりだくさんでしたが、野菜をつくったり、梅をもいだり、サバイバルゲームをしたり、マウンテンバイクで走ったり、仏さまをまつったり、色んな人が身近に利用している山なんだなーと思いました。
ほとんどの木が切られる(8万本!)計画だということを思うと、つくづくもったいない、っていうか止めない手はない。まずはこの仏さまや花や野菜の魅力を発信しないと、と思いました。
これからどんどん発信していきます。Coming soooooon!!


午後からのCafeの模様はこちら→FoE Cafe Vol.12 日記

テーマ:NPO - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2009/06/17(水) 20:12:42|
  2. たぬきの古里南山
  3. | コメント:0

南山の新緑を満喫!!

5月10日 地元の方の案内で南山のハイキングを行いました。

今回は、稲城駅から出発して南山に入り、里山と農地が広がる緑美しい地区を抜け、遺跡発掘現場を見学し、妙法寺でいっぷく。南山の崖の上から稲城市の望み、その後、妙覚寺がある「ありがた山」を抜けて京王読売ランド駅まで約2時間かけて歩きました。



こんなにも美しい里山が、こんなにも身近なところ(新宿からわずか1時間強)にあることに感動しました。小鳥のさえずり、澄んだ空、深緑の広葉樹。気軽にハイキングをする人。農作業で汗をながしているお百姓さん。

日本の原風景をみる想いでした。
南山を散策すれば、そこがいかに大切な森なのか、肌で感じれるかと思います。

  1. 2009/05/15(金) 11:04:07|
  2. たぬきの古里南山
  3. | コメント:0

第2回 雲取山 清掃登山

2009年5月2日(土)-3日(日)雲取山荘 1泊2日
参加人数:17人(女性:7人、男性:10人)

 昨年の秋に開催した第1回清掃登山から半年、今度は春にやろーというリクエストからGWでの開催となりました。

 今回の参加者は、なんと17人。リピーターの方、前回の日記を読んで楽しそうだと思って参加された方、雲取山に是非登りたいという思いで参加された方、山が大好きで清掃登山を是非やりたいと思って参加された方、動機はそれぞれですが、今回もまたすごく楽しい仲間が集まりました。
 また、今回も東京都と環境省のレンジャーさんにも参加頂き、ツアーガイドをボランティアでやって頂き、本当に助かりました。ありがとうございました。

【1日目】

 鴨沢バス亭から鴨沢ルートを通って、七ツ石山の脇を抜けて、奥多摩小屋を通り、雲取山山頂、そして雲取山荘へ というコースで登りました。



623

633

635


「Sさん、ごみ落ちてるよ~!」「あいよ!!」
「この花きれい~、何ていう花なんだろう?」「ミツバツツジだね、、、」

「おっ、ごみ発見!!んん~、ファンタグレープって書いてある、、」
「うわ~、これ懐かしい!!20年ぐらい前のごみだね~」

 登山し始めると初対面の方もすぐに打ち解けて、ワイワイがやがや、お喋りしながらの登りました。
 小袖の杉林を抜け、七ツ石尾根の辺りからは広葉樹に変わり、ブナ坂では若芽をつけたブナの木やダケカンバの木がとても綺麗でした。若葉が一斉に芽吹き始め、動物たちも動き始めるこの季節は、本当に山が美しいですね。


652

656

655


 天気もよく、奥多摩小屋付近からは遠くに富士山も見え、美しい景色、新鮮な空気、若葉や春のお花を楽しみながらの登山は、急坂で息をきらして辛くてもやっぱり楽しいものです。


672

667

673


686



 最後の急坂を上り、雲取山頂へ。(2017m)
 ちょっと酔っ払ったおじさんにシャッターを押してもらった写真は、みんな達成感に満ち溢れて、ほんといい笑顔です。

 雲取山荘に到着したのは、17時過ぎ。10時前に登り始めたので、約7時間の登山となりました。

 夜は、雲取山荘のすごく美味しい夕飯を頂き、山荘の本当にありがたいおもてなしで日本酒一本をサービスして頂き、9時消灯まで歓談。清掃登山に参加するにあたっての皆さんの想いを語ってもらい、皆さんそれぞれに熱い想いを持っているなぁーっと関心させられました。

【2日目】
 4時起床!だったのですが、なんと3時に電気が付いて、「う~、、、まだ早すぎだろ~!!」っと電気を消すも他のお客さんがごそごそと動き始め、1階では朝食の準備の音がうるさく、殆どの人が3時過ぎに起きることに、、、。
 4時20分から朝食を頂き、なんだか修学旅行みたいと笑いながら、てきぱきと布団を片付け、荷支度をして、清掃活動開始!!


715

718

719

722

728

725


 第1回目の清掃登山の時と同じ山荘の裏にある廃虚となったヒュッテ裏の斜面のごみ清掃を行いました。

 表面はコケなどで覆われていて一見すると分からないのですが、少し地表に飛び出したビニールや缶を引き抜くとその下からは、わんさかとごみの山が出てきます。
 その全てが20年~30年ぐらい前に捨てられたと思われるごみばかり!!
 まさに「ごみの貝塚」だね。っと冗談だか何だか分からない言葉も。


736

732

740


744


 僅か15分ぐらいで、参加者17人みな袋いっぱいにごみを集めたのですが、まだまだ残っているごみを見ながら、しかしこれ以上は担いで下山するには重過ぎると、心残りではあるけど、次回に回すことに。

 山荘に戻り、コーヒーを頂き、記念撮影。

750


 下山ルートは、前回は三条の湯ルートで下ってバスの時間ぎりぎりになってしまったので、今回は鴨沢ルートで下山しました。

 8時過ぎに山荘を出発し、原生林が残る北斜面迂回ルートを抜け、見晴らし台からはまだ山頂に雪が残る南アルプスの山々を望み、レンジャーさんから秩父多摩甲斐国立公園の山々の説明をして頂きました。


757

759

761


 途中、七ツ石山(1757m)にも登ったのですが、この山頂付近にも沢山のごみが散乱している(埋まっている)のを見て、愕然としました。この山頂付近のみで1回分の清掃登山が必要そうでした。

 帰りも皆さん軽快な足取りで、(途中、木登りをするサルにも遭遇し、、)一機に降りて鴨沢バス亭へ。


785

786

789


 集めたごみは、奥多摩管理センターのご協力を頂き、分別して捨てました。
 今回は人数も多かったので、大袋で5袋分のごみを降ろすことが出来ました。

 本当に皆さん、お疲れ様でした&ありがとうございました。

 次回は、秋の開催を考えています。




  1. 2009/05/05(火) 09:25:19|
  2. 清掃登山
  3. | コメント:7

ハマで街頭署名。

行ってきました、桜木町。

本日は慣れた吉祥寺を離れて、桜木町駅前の広場でMAKE the RULEの街頭署名を敢行してまいりました。ランドマークを見上げながら、晴天の下活動開始。

直前に多くの方が手を上げてくれて、結局参加者は10人(!)
こんなに集まるならシロベエにも来てもらえばよかったー、、って、後から言っても仕方が無いので委員長代理と一緒にがんばりました。
委員長代理 委員長100
委員長代理    委員長


最初はみんなでのぼりや署名ボードを準備。と、そこに女性が近づいてきて、なんとあちらから署名をしてくれました!なんて幸先の良い♪さすが横浜市民、意識が高い!

しかし、いざ始めてみると、道幅が広くてなかなか近寄れません。
呼びかけてみてもなかなか立ち止まる暇がなさそう。。やはり街頭は難易度が高いのか!?

それでも、根気よくやっているとチラシは大分配ることができ、署名をしてくれる人もちらほら。
近くで募金をしていた若者にも声をかけ、結局集まったのは・・・

41筆


みんな、ありがとう!

晴天とはいえ街頭に2時間立つと大分冷え、みんなでジョナサンへ行ってあたたまりました。
2.15MRin横浜 001(リサイズ)
おつかれさまでした♪



  1. 2009/02/15(日) 20:01:16|
  2. MAKE the RULE
  3. | コメント:0

シロベエ吉祥寺デビュー!



去る1月24日、今年最初のMAKE the RULE街頭署名を行いました。
場所はおなじみ吉祥寺。

小雪のちらつく中現地に向いましたが、幸い活動を開始する時には雪も雨も止み、8人で署名開始。

そして、今回は特別ゲストが。
なんと、多忙なスケジュールの合間をぬってシロベエ実行委員長が出演!

サンロードを通って会場に現れ、立派な演説をしてくれました。
1.24MRin吉祥寺3回目 009(リサイズ)



思わず子供も立ち止まります。
1.24MRin吉祥寺3回目 005(リサイズ) 1.24MRin吉祥寺3回目 036(リサイズ)


つられてみんなも立ち止まります。
1.24MRin吉祥寺3回目 024(リサイズ) 1.24MRin吉祥寺3回目 030(リサイズ)



そして署名をしてくれます。
1.24MRin吉祥寺3回目 021(リサイズ) 1.24MRin吉祥寺3回目 031(リサイズ)



まけじとみんなもがんばります。
1.24MRin吉祥寺3回目 029(リサイズ) 1.24MRin吉祥寺3回目 039(リサイズ)


とうわけで、結局2時間弱の活動で95筆の署名が集まりました!
いままでの街頭署名の倍以上です(参加者一人当たり)。やはり委員長の力は絶大です。本人(本熊)も、寒かったせいかいつもより元気でした。
それに参加者のほうも回を重ねるごとに見せ方や呼びかけが上手くなってきたような気がします。のぼり、呼びかけ人ボード(new version)、FoEバナーの三点セットで信頼度アップ。元気に呼びかけ、署名をゲット。やはり何事も経験です。


そして、終了後は恒例のお茶。大荷物を快く置かせてくださったお店の方、感謝です。
1.24MRin吉祥寺3回目 040(リサイズ)

みなさん、おつかれさまでした!






おまけ:演説の練習をするシロベエ
1.24MRin吉祥寺3回目 001(更に小さめリサイズ)




  1. 2009/01/24(土) 21:03:43|
  2. MAKE the RULE
  3. | コメント:1
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。